専門知識の少ない人は

看護師として働くためには、医師や患者とのスムーズなコミュニケーションを実現するために、専門知識を頭に詰め込んでいかなければなりません。医師との相互理解には医療用語や基本的な病態や治療に関する知識が欠かせず、患者への指導には疾患に対する適切な看護知識が必要です。上記以外にもなぜ看護師は高度な医療の専門知識が大切なのかが詳しく解説されています。看護師を目指す人や新人看護師は今一度、読んでおいても損はないでしょう⇒http://knowledgeonline-fornurse.com/nurse/

知識は現場で次第に記憶していければ良いと思っていても、覚えるのが不得手でいつまでも苦労してしまう人もいます。必死に覚えようとしてもすぐに忘れてしまうのは、特に年齢を重ねてから新しい現場に入ってきた場合によくあるでしょう。もともと若くても知識をつけるのが苦手という人もいます。そういうときにひたすら努力を続けるのも一つの道でしょう。

しかし、自分は不得手だということを認めてしまって、専門知識をあまり必要とせず、基本スキルがあれば働ける現場を選ぶのも看護師として活躍するための道になります。点滴、献血や採血といった注射を扱えるのは看護師だからこそできるスキルの一つであり、ある程度の現場経験があれば自信を持って行えるでしょう。その基本スキルがあれば健診センターで働くのにそれほど多くの知識は必要としません。また、検査値についてのある程度の語彙があるなら臨床検査科で働くのも良いでしょう。介護現場に移ると用語レベルで覚えなければならないものは少なくなり、言葉を覚えるのが苦手でもコミュニケーション能力はあるという人には良い選択肢になります。基本スキルさえあれば働ける職場を選ぶと、専門知識をつけるのが苦手でも働きやすくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です